大手相談所のオーネット(o-net),パートナーエージェント,ブライダルネット,ツヴァイ,ノッツェ,誠心等を徹底比較!

結婚情報サービス比較&ランキングサイト > サービスのデメリット > 結婚情報サービスのデメリット

サービスのデメリット

結婚情報サービスのデメリット


結婚情報サービスのデメリットは、
やはりある程度の料金がかかることです。

料金体系は会社によって大きく異なりますが、
登録料がだいたい3万円から5万円で、
活動初期費用としては10万円から50万円程度の
まとまったお金が必要になるところが多いようです。



その他、パーティーやツアーなどのオプション参加には
その都度お金がかかる場合や、
成婚した場合に成功報酬がかかるシステムなど、
内容は様々です。


生涯のパートナーを決める大事な作業ですので、
ある程度の出費を覚悟することは必要だと思いますが、

サービス内容をよくj比較し、自分にあった会社に納得して
入会することが大切です。


また、業者の中には儲け優先で、サクラ会員や
幽霊会員を多数抱えて、登録人数を増やしているところや、
身分の調査をしっかり行わず、履歴詐称のようなトラブル
を起こしているところもありますので、

入会前に会社の活動状況や実績などを
しっかりと調べましょう。



その他のデメリットとしては、
スタートに時間がかかることがあげられます。

入会前に書類を用意したり、審査を受けたり、
カウンセラーの性格診断があったり、
と、少しでも早く結婚相手を見つけたいと考えている方には、
少々まどろっこしい手続きがあります。

しかし、これは一生のパートナーを決めるための
大切なプロセスと考えてじっくり取り組むのが得策といえますね。



結婚情報サービス評判ランキングToppageへ